SNS集客 Web集客

MEO対策はWeb集客の基本!無料で簡単にできる活用法を紹介

飲食店 集客 無料

MEOという言葉をご存知でしょうか?

Web集客、特に新規集客という意味では
インスタ運用よりも断然、
集客に直結する重要な要素になります。

先に要点からまとめると、

  • Google検索で上位に表示される
    地図付きの店舗情報は店側で管理できる。
  • 集客に繋げるためには
    なるべく上位に表示させる必要があり、
    そのためにMEO対策が必要!
  • 対策に必要なのポイントは5個!
    簡単なのですぐに始めましょう。
    応用編ではもっと効果的な対策も紹介!

 

リピート施策に関しては
『LINE公式アカウント』が必須です!

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

飲食店 LINE公式アカウント リピーター
LINE公式アカウントでリピーターを増やす【飲食店には必須】

続きを見る

 

この記事を書いた人

知り合い0の土地で飲食店を開業し、3年経営。
コロナ禍にも関わらず地元法人に売却できる店舗に成長させた。
飲食店経営に関する電子書籍は企業家部門1位獲得。
現在は飲食店経営者へのサポートやコンサル等をしている。

Web集客や飲食店マーケティングの基本は
メールマガジンでもお伝えしています。

登録特典として「飲食店向けInstagram攻略法」
というファイルも特別に無料でプレゼントしているので、
興味のある方はぜひご覧ください!

飲食店 マーケティング 

こちらもぜひご覧ください!

スポンサーリンク

1. そもそもMEOとは?

GoogleマイビジネスやMEOという言葉に、
ピンとこない方は一度別のタブを開いて、

検索エンジンで「六本木 イタリアン」とか
「千葉 ラーメン」とか検索してみてください。

飲食店 集客 MEO

一番上にこのように地図と一緒に店舗の紹介があると思います。

また地名を入れずに「カフェ おしゃれ」などと検索をすると、

基本的にあなたのお住まいの地域の、
人気のカフェが出てくる
と思います。
(位置情報を発信していないと反映されません。)

 

これは店舗を探しているであろうユーザーに
Googleがおすすめの店舗を紹介してくれるサービスです。

おすすめ順に一覧が表示されますが、
基本的にユーザーは上位の店舗しか見てくれません。

上位に表示されるにはコツがいくつかあり、
そのコツこそが「MEO対策」と呼ばれるものになります。

 

つまり登録だけしてもユーザーに見つけてもらえる
可能性は低く、しっかり対策をすることが
集客に結びつける秘訣
になります。

 

2. MEOの重要性

「六本木 イタリアン」といった検索をする
ユーザーは、おそらく「ほぼ確実に近日中、
六本木でイタリアンを食べる人」
です。

そんなドンピシャのターゲットに
お店の情報を伝えられるのは、間違いなくメリットです。

 

基本的にWeb広告を打つにも
地域や年代、性別を限るくらいしかできません。

筆者
そこまで絞った広告はそれなりに費用もかかります。

 

まさに情報を求めている人に
自分の店の情報を無料で届けられる。

ここまで優秀な宣伝ツールは他にありません。

特に地方都市ではMEO対策をしっかりしている競合他店や
店舗の母数自体が減るので、少し対策をするだけで
簡単に上位に表示される
ことも多々あります。

次の項目からは具体的な対策法を紹介していきます。

スポンサーリンク

3. 具体的なMEO対策と注意点

MEOへの登録や、情報の編集は
「Googleマイビジネス」というアプリで行います。

しかしMEOに登録しただけでは、
なかなか新規のお客さまの目には
届きづらいのも現実です。

ただ、一応登録はしているけど
MEO対策を意識していないお店が大半
なので、
対策をしっかりするだけで上位表示される確率がグッと上がります。

MEO対策として、

  • 基本情報(住所、電話番号など)は漏れがないように
  • お客さまからの評価を上げてレビューを集める
  • 写真の更新、店休日の設定などはまめに
  • レビューにはなるべく早く返信する
  • 常に最新情報を掲載する

最低限この辺りは押さえておきましょう。

 

注意点としてはSNS、HP、マイビジネスに登録する
店名や住所の表記を完全に統一すること。

正式名称が「Dining bar 〇〇」なら
「Dining 〇〇」や「ダイニングバー 〇〇」といった
表記の違いもMEO対策としてはマイナスに働くのでご注意ください。

住所も同じで「○丁目○番地〇〇ビル2F」なのか
「○−○ ○○ビル201」なのか、SNSやHPも含め
しっかり統一することでGoogleに正しい情報を伝えることに繋がります。

 

手っ取り早くMEOの評価を上げるには
「常連客にレビューと高評価をお願いすること」

「Googleへの高評価でドリンク1杯サービス」
といった特典を付けても良いのですが、

マイビジネスのレビューは馴染みのない方には
少しハードルが高いので、頼みやすいお客さまに
個人的にどんどんお願いをするのが早いです。

 

また常に新しい情報を提供するために、Instagram等
SNSへの投稿をGoogleマイビジネスにも同じ内容で良いので、
日々アップすることでMEOの評価は上がりやすくなります。

Googleマイビジネスへの投稿にInstagram等のSNSや
自店のHPへのリンクを貼ることで、そちらに流して
フォローへの導線を作るのも有効です。

筆者
Google検索で見つけただけでは、そのまま 忘れられてしまう可能性が非常に高いです。

 

MEO対策は新規集客の要となります。
まだ導入していない方はSNSよりも最優先で登録してください。

その上で、見込み顧客を取りこぼさないためにも
しっかりSNSやHPは整えておきましょう。

 

もっと効果的なMEO対策〜応用編〜

ここからは応用編になります。

極端な例ですが、「新宿 居酒屋」のような
検索結果が多すぎる検索で、
上位表示を狙うのは至難の業です。

飲食店 集客 無料

逆に「原宿 駅前 占いバー お洒落」とかまで
絞られると競合が減り、該当する店舗自体が少ないので、
そこまで対策しなくても上位に表示されやすくなります。

つまりあえて絞った需要での検索を狙う
こともMEO対策として有効です。

筆者
わかりやすく解説します。

例えば同じ新宿の居酒屋でも刺し身や日本酒が売りなら
「詳細」や「メニュー」の項目に
「刺し身」や「魚がおいしい」「日本酒が豊富」
といった言葉を並べることで

「新宿 居酒屋 日本酒」「新宿 居酒屋 魚」
のような検索で上位表示を狙えます。

飲食店 MEO 対策

筆者
「新宿 居酒屋」で検索した時は上位に表示されていなかった店舗が並んでいますね!

つまり競合が多い地域で上位表示を狙うには、
検索キーワードを意識したアプローチが必要になります。

最初から「このキーワードで上位を狙おう」と思うと
競合の研究や試行錯誤も必要になってきますが、

最初の登録時、なんとなくでも説明欄等に
店の売りやポイントをしっかり書いておけば
自ずと検索にかかる
ようになったりします。

 

これも後々の集客に繋がることなので、
できることから着実に対策するようにしましょう!

 

スポンサーリンク

まとめ

Web集客の基本はMEOから!
SNSよりも効果的にターゲットへのアプローチができます。

まずはGoogleマイビジネスに登録し、

  • 基本情報(住所、電話番号など)は漏れがないように
  • お客さまからの評価を上げてレビューを集める
  • 写真の更新、店休日の設定などはまめに
  • レビューにはなるべく早く返信する
  • 常に最新情報を掲載する

などのポイントを抑えて
しっかりMEO対策をしましょう!

競合が多い地域では検索キーワードを意識するとより効果的!
まずは自店の売りや押し出したいポイントを
情報として盛り込むようにしましょう!

Web集客や飲食店マーケティングの基本は
メールマガジンでもお伝えしています。

登録特典として「飲食店向けInstagram攻略法」
というファイルも特別に無料でプレゼントしているので、
興味のある方はぜひご覧ください!

飲食店 マーケティング 

こちらもぜひご覧ください!

 

合わせて読みたい

飲食店 LINE公式アカウント リピーター
LINE公式アカウントでリピーターを増やす【飲食店には必須】

続きを見る

-SNS集客, Web集客

© 2021 飲食店集客.com Powered by AFFINGER5