クラウドファンディング教材 販売ページ

”失敗しない”クラウドファンディングの鉄則
【飲食店向け】

※正直、教材の内容をすべて守ったからといって
誰がしても”必ず成功する”というものではありません

なぜならクラウドファンディングはこれまで積み上げてきた
お客さまとの信頼関係や、知人の協力によっても
大きく左右されるからです。

ただ何も知らずに始めるより格段に成功確率を上げる
失敗パターンを確実に避けるためのコツ
はお伝えします。

「挑戦したい」と思われた方は
このまま読み進めてください。

はじめまして、ハマネトウマと申します。

私は地元の地方銀行を脱サラ後、
知り合い0の土地で飲食店舗を開業。

3年後にはコロナ禍の中、前例のない
「閉店前のクラウドファンディング」を150%超で達成。

自身の店舗を地元企業に事業売却し
開業資金の3倍の金額で資金化に成功。

現在は飲食店向けのコンサルティングや
関連書籍の販売等を行っています。

この教材ではクラウドファンディングに特化して
失敗しないための鉄則をお伝えします。

教材の内容

①メイン教材「クラウドファンディングの鉄則」
PDF 11ページ分、約1万字のテキストファイル。
これさえ守れば成功確率はグッと上がります。

②クラウドファンディング成功の鍵を握る
「活動報告のネタ帳」
確実に”あると助かる”ファイルを特典として
プレゼントします。

※もちろんどんな案件にも対応できるような内容にしております。
\100万円以上の支援を得られる可能性が6000円で手に入ります/

※当サイトから販売中の教材「賢い閉店の仕方」と内容が重複する部分があります。
そちらをすでにお持ちの方には本教材の購入はおすすめいたしません、ご注意ください。

本教材で学べること
  • プロジェクト成功のためのポイントとちょっとしたコツ
  • 公開前〜募集期間中〜終了、フェーズ毎の効率的な動き方
  • 顧客心理に基づいた、支援が集まる「リターン設定」の考え方
  • 必ず役立つ、成功の鍵を握る「活動報告のネタ帳」もプレゼント

コロナ禍で飲食業界における
クラウドファンディングの利用は急増しました。

日本で新型コロナウイルスによる
緊急事態宣言が出されたのが、2020年4月。

2021年現在、あれから1年が経過しましたが、
今もなお先の見えない状況が続いています。

そんな中でも家賃等の毎月の支払いや
従業員、家族の生活まで支えるとなると
この状況がいつまで続くのか、と考えてしまいますよね。

そんな今だからこそ気軽にしやすい
資金調達がクラウドファンディング
です。

融資のようにこの先何年もかけて
返済しないといけないわけでもなく、
審査も資金調達の内容に対するもののみ
です。


実際、コロナ以前はいつも来てくれていた常連客も
「応援したくても以前のように店に行けない」
と歯がゆい思いをしています。

こういう状況だからこそ、「誰も損しない形で
店の継続に余裕ができるなら使わない手はない」

と気づいた飲食店は全国で
クラウドファンディングを1年前から始めています。


まだその波には十分乗れますし、
成功すれば
教材代の6000円は
数十万〜百万円単位の利益に変わります。

あなたの店舗を愛する常連客の方のためにも、
資金調達の手段を学んでみませんか?

特典の詳細

①メイン教材「失敗しないクラウドファンディング」
PDF11ページ分、約10000字のテキストファイルで
クラウドファンディングの鉄則について余すことなく解説。

実際私がして良かったこと、
成功確率を上げるためにできること、
注意点
コンサルをする際に伝えていることなど、
事例を元に詳しくお伝えします。

②クラウドファンディング成功の鍵を握る「活動報告のネタ帳」

その運用の要の一つとなる
活動報告のネタを、
繰り返し使えるものも数種含め33個まとめました。

クラウドファンディング成功事例の平均募集期間が40日と言われています。

繰り返し使えるネタも使えば
40日程度の案件なら、途中で
ネタ切れすることはないでしょう。

飲食店、閉店事例に限らず幅広く活用できる保存版

↓6000円で資金調達しませんか?↓

※当サイトから販売中の教材「賢い閉店の仕方」と内容が重複する部分があります。
そちらをすでにお持ちの方には本教材の購入はおすすめいたしません、ご注意ください。

販売者情報

ハマネトウマ
大学卒業後、経営コンサルティング営業に強い地元の第一地方銀行に就職、
新卒から
そのノウハウを学ぶ。

融資課、営業課を経験、2年目にして地元法人への1億の融資案件にも携わる。満足のいく営業成績を収めたことを機に退職。

その後当時憧れていた経営者のもと、NYの某有名飲食店に勤務。帰国後、縁もゆかりもなかった九州に移住、自身の店舗を構える。

3年後、コロナ禍にも関わらずクラウドファンディングは150%超で達成。
店舗は地元法人に事業売却し「店舗の資金化」に成功。

現在はこれまでの経験を活かし、飲食店集客・運営サポート、事業者向けののクラウドファンディングのためのコンサルティング、飲食店向けの教材販売や、Kindle(電子書籍)の出版も行っている。

最後に

「クラウドファンディング」
聴き慣れない方からすると怪しいと感じるのかもしれません

誰しも馴染みのない言葉には怪しさを感じるかもしれませんが、
正直クラウドファンディングはもう既に一般的なものとして世間には認められています。

私自身も数年前まではどちらかと言うと否定的でした。

しかし実際クラウドファンディングをしてみると、
今ままで支えて下さった方々への感謝を再認識する機会になり、
結果としては「やってみて良かった」と心から感じました。

結局食わず嫌いだったのです。

クラウドファンディングは最近になってテレビCMでも観るようになり、
昨年よりコロナ禍で需要が増え、今後さらに普及率は上がっていくことでしょう

特にクラウドファンディングは飲食店にとって、今しないともったいない絶好のチャンスです。

挑戦する気持ちのある方は、教材内でお会いしましょう。

※当サイトから販売中の教材「賢い閉店の仕方」と内容が重複する部分があります。
そちらをすでにお持ちの方には本教材の購入はおすすめいたしません、ご注意ください。

© 2021 飲食店集客.com Powered by AFFINGER5